相模原市トイレのリフォーム

相模原市南区相模大野のトイレ床板・クロス交換リフォームです。

マンション1階のお客様で、
床下からの湿気によって床板がフニャフニャになっていました。

原状は、やはり床板の裏側のカビがひどく黒くなっていました。
壁も湿気の影響でカビが発生していました。

トイレの床板を新しく貼り直しネタ木も追加しました。

座間市リフォーム 相模原市リフォーム トイレの床板交換 トイレのクロス張替え 座間市リフォーム 相模原市リフォーム トイレの床板交換 トイレのクロス張替え

座間市リフォーム 相模原市リフォーム トイレの床板交換 トイレのクロス張替え

クッションフロアは、サンゲツのHM-4060を使用しました。
座間市リフォーム 相模原市リフォーム トイレの床板交換 トイレのクロス張替え


壁は、防カビ処理をして クロスも防かび用クロスへ張替ました。

弊社では、お客様に床材やクロスを選んで頂いて施工する方法をしています。
壁紙クロスは、サンゲツのSP-2362を使用しました。

イメージはアジアンチックです。
写真では解りづらいかもしれません。

お客様のご要望に極限までお応えします。

ぜひ、ご検討下さい。

座間市のリフォーム会社 株式会社マークス
TEL:042-851-5846
Mail:info@m-arks.co.jp
H P:小田急相模原マークス

<営業エリア>
座間市・相模原市・町田市・横浜市・厚木市・海老名市・大和市・綾瀬市 
※その他地域でも出来る限り対応いたします。

賃貸物件の床材は、フロアタイルをお勧めします!

賃貸物件の床材は、フローリングよりもフロアタイルをお勧めします!

今回は、相模原市南区上鶴間本町の賃貸物件です。
和室を洋間へ安価で変更する工事です。
間取りは、3DKで工事前は和室2部屋の洋間1部屋という感じでした。

今回の施工では、写真を見て下さい。フローリングだと思いますか?
座間市リフォーム 相模原市リフォーム 賃貸物件フロアタイル 賃貸物件リフォーム 相模原市南区上鶴間本町 座間市リフォーム 相模原市リフォーム 賃貸物件フロアタイル 賃貸物件リフォーム 相模原市南区上鶴間本町

違います。フロアタイルを施工しています。

価格は直貼りフローリングの約半分の金額でご覧のとおりフローリングと間違えてしまう程です。
今回使用した資材は、サンゲツのフロアタイルWD-529 イタリアンチェリーです。

もちろん、壁のクロスも張替ています。
※ご参考までに

フローリングは木材で出来ています。
故にキズが付くと張り替えるまで残ります。
交換したくても床全体の張替が必要になりますのでコストが非常に高いです。

フロアタイルはゴム材で表面が木材に近い加工がされています。
施工方法が1枚1枚貼っていますのでキズが付いても、
そのキズが付いた1枚のみ交換すれば安価で張替が出来て、
長期に渡りご使用頂けます。

その他、フロアタイルには、
アーバン調・ウッド調・ストーン調・オリエンタル調などなど
バリエーションがあります。

クッションフロア同様に、様々な床面に使用できます。
ぜひ、和室が不人気な今、
思い切ってのフローリングより安価なフロアタイルをお勧めします。

お見積は無料です。是非、お問い合わせください。

座間市のリフォーム会社 株式会社マークス
TEL:042-851-5846
Mail:info@m-arks.co.jp
H P:小田急相模原マークス

<営業エリア>
座間市・相模原市・町田市・横浜市・厚木市・海老名市・大和市・綾瀬市 
※その他地域でも出来る限り対応いたします。

テナントの木目調クッションフロア張り リフォーム施工例 座間市ひばりが丘

座間市ひばりが丘のテナントのおしゃれな木目調クッションフロア張り、
クロス張替えリフォーム工事です。


コンクリートの床面に新規にクッションフロアを張りイメージを変更しました。
今回のクッションフロアはサンゲツのHM-4006です。

茶系木目調の床に白色のクロスで清潔感のあるテナントになりました。
テナントのリフォーム 座間市ひばりが丘 座間市リフォーム 木目クッションフロア テナントのリフォーム 座間市ひばりが丘 座間市リフォーム 木目クッションフロア

最近のクッションフロアの木目調はフローリング同様、目地が幅広になっており
クッションフロアでもオシャレなデザインとなっています。

お見積は無料です。是非、お問い合わせください。

座間市のリフォーム会社 株式会社マークス
TEL:042-851-5846
Mail:info@m-arks.co.jp
H P:小田急相模原マークス

<営業エリア>
座間市・相模原市・町田市・横浜市・厚木市・海老名市・大和市・綾瀬市 
※その他地域でも出来る限り対応いたします。

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
-->