システムキッチン 壁面の焦げ跡補修 座間市

システムキッチン 壁面の焦げ跡補修 座間市

座間市の賃貸マンションの原状回復工事で、
システムキッチンの壁面焦げ跡補修をしました。

下地処理として、焦げ跡を削ってパテで、凹凸をなくします。

そして、壁一面にダイノックシートを張ります。
システムキッチン 壁面の焦げ跡補修 座間市リフォーム 座間市 原状回復工事 システムキッチン 壁面の焦げ跡補修 座間市リフォーム 座間市 原状回復工事

下地処理の丁寧さが作業の決め手になります。

壁面の補修や原状回復工事など、
お住まいのお困りごとなら、
なんでもお問い合わせください!

座間市のリフォーム会社 株式会社マークス
TEL:042-851-5846
Mail:info@m-arks.co.jp
H P:小田急相模原マークス

<営業エリア>
座間市・相模原市・町田市・横浜市・厚木市・海老名市・大和市・綾瀬市 
※その他地域でも出来る限り対応いたします

海老名市 クッションフロア(CF)の交換リフォーム

海老名市 クッションフロア(CF)の交換リフォーム

海老名市東柏ケ谷の2LDK賃貸物件、原状回復工事をやりました。

経年劣化でクッションフロア(CF)がハガレてしまい、水廻りの床には、カビが発生していました。
今回の工事では、
洋室とダイニングに。サンゲツのHM-4006のフローリング調を使用し、
クッションフロア交換 クッションフロア・リフォーム 小田急相模原リフォーム 海老名市の床張替え 原状回復工事

水廻りには、サンゲツのHM-4089の大理石調を使用してみました。
クッションフロア交換 クッションフロア・リフォーム 小田急相模原リフォーム 海老名市の床張替え 原状回復工事

前回使用していたCFとは、イメージが変わったと思います。

<<ご参考まで>>
賃貸物件以外にも、住宅にはクッションフロア(CF)が多く使用されてします。

クッションフロア(CF)は特に、水廻りに用いられる事が多く、
ハガレやカビの発生にお困りの方も多いと思います。

日頃から、お手入れされているお宅でも同様な症状が起こります。

クッションフロア(CF)の原状を長く保つ為に注意していただきたいのは、
特に湿気を溜め込まないことです。

空気の流れを作ってあげる事がCFが傷まない”コツ”です。

クッションフロアの交換から、本格的なリフォームまで承ります。
お見積は、無料ですので、お気軽にご連絡ください。

座間市のリフォーム会社 株式会社マークス
TEL:042-851-5846
Mail:info@m-arks.co.jp
H P:座間市マークスHP

<営業エリア>
相模原市・町田市・横浜市・厚木市・海老名市・大和市・座間市・綾瀬市 
※その他地域でも出来る限り対応いたします。

和室を洋室へリフォーム施工例 座間市さがみ野の賃貸物件

和室を洋室へリフォーム施工例 座間市さがみ野の2DK賃貸物件

築30年~40年ぐらいの2DK賃貸物件で、和室が2部屋あるタイプの賃貸アパートです。

施工前は、4畳半と6畳間の2部屋で畳が敷いてありました。昭和な感じでした。
施工は畳を撤去処分して畳の厚み分床上げをしました。

コンパネと枕木で床面を上げ高さ調整をして、バリアフリー化しました。

<洋室リフォーム施工後>
空室対策 入居率アップ 原状回復工事 座間市さがみ野 和室を洋室へリフォーム 座間市リフォーム 空室対策 入居率アップ 原状回復工事 座間市さがみ野 和室を洋室へリフォーム 座間市リフォーム

<和室リフォーム施工中>
空室対策 入居率アップ 原状回復工事 座間市さがみ野 和室を洋室へリフォーム 座間市リフォーム 空室対策 入居率アップ 原状回復工事 座間市さがみ野 和室を洋室へリフォーム 座間市リフォーム

床面表面には、サンゲツのフロアタイル WD-553のパイン柄板目を貼付けました。
写真の通り、今風なナチュラル色のお部屋になりました。

床面変更に合わせて、壁のクロスも張替えました。
ちなにみクロスはサンゲツのSP-2323で、白系でまとめてみました。


和室を洋室へ変更をお考えの方へ
フロアタイルなら、フローリングと大差なくお好きなデザインの洋間が出来ます。
価格は、フローリングの約半分の価格で施工できます。(ご参考までに)

格安リフォームで空室対策、入居率アップをしたいオーナー方は、
是非、ご相談ください!!

座間市のリフォーム会社 株式会社マークス
TEL:042-851-5846
Mail:info@m-arks.co.jp
H P:小田急相模原マークス

<営業エリア>
座間市・相模原市・町田市・横浜市・厚木市・海老名市・大和市・綾瀬市 
※その他地域でも出来る限り対応いたします。
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
-->